スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり・・・

挫折・・・という感じ。中国語。何より転職という話になって、次のところは米系だし、別に中国の方々と仕事上やり取りする機会がどこまであるのか分からない、という感じなので、続けるモチベーションに欠けるのが間違いないし、何より、まず英語だなというのが正直なところなので。

あと、Skypeで発音をきっちりやろうというのは難しいという気がした。相手の回線状況の問題もあるので、ichinaでやった限りでは、そういう風に感じた。時間と場所の自由が効くのは間違いなく便利なんだけど、発音をきちんとやるなら、やはりマンツーマンかな、と。

まあ、悔しいが、すっぱり諦めることにする。
スポンサーサイト

時の流れに身を任せ

you tubeネタだけど、こちらのカテゴリで。

前に書いたけど、中国語の音に対して慣れるようにというコメントが講師からあって、個人的な嗜好性も考えると、ここはやはり音楽だろう、カラオケを念頭においてやるべきだろうと、勝手に納得した。

でもって、最初は、ベタにテレサ・テンのこの曲から、ということにする。まったくもってオッサン臭いが、オッサンだから仕方がない。まあ、ゆったり目の曲だからちょうど良さげという考慮もあるということで(謎)。

まずはテレサ・テンの日本語版。






続きを読む»

今のところ、こんな感じ(3)

相変わらず、細々と続けていますよ、中国語。Skypeでできるのは、時間の面で融通が効いて便利。ただし、Skypeの通話品質というか、回線状況が時折思わしくなく、回線がいきなり切れたり、音質が良くなかったりするので、向こうの発音がどこまで聞き取れているのか、こちらが発音したのがどこまで聞こえているのか、不安がないわけではない。

教えてくれる側については、とりあえずずっと同じ先生(向こうで日本語を学んでいる学生さん)に習っているのだが、こちらの発音がちっとも良くならないにもかかわらず辛抱強く直してくれているので、有り難い限り。

とにかく、音調になれろということを引き続き言われているので、その辺は改善しないと…。歌でも良いということなので、カラオケかなあ…やっぱり。

続:今のところ、こんな感じ

何のことやら。

一応続いていますよ、中国語。できるようになっているという実感がこれっぽっちも湧きません(涙)。
その割にレッスン自体は勝手に進んで、内容は難しくなっている。音声面については、一定の進歩は見えているけど(そりゃゼロと比べればねえ...)、四声は難しいし、発音も怪しげ。まあ、そればかりやっているときっと挫折するからそれはそれで良いのだろうと思うことにする。

さすがに漢字の国だけあって、限界はあるものの、漢字の字面と英文法の感覚から、一定程度内容の推測はできる。文法面では英語に近いようなので、そういう推測の仕方を勝手にしているが、今のところ、扱っている文章が難しくないこともあって、大外しはしていないみたい。

講師(おっとりとした喋り方の割には結構厳しめで、発音のできが悪いと良くなるまで繰り返させる)からは、内容は一切わからなくてもいいから、音に慣れるためにニュースを聴くように、とのこと。そんなこと言われても、意味の分からないものをずっと聴き続けるのはシンドイので、何か適当なところがないか、探す予定。英語で言うところのVOAみたいなところがあると良いのだろうが...。

普段使っているツールというかサイト

自分用のメモということで。
  • 中国語カタカナ変換。カタカナ読みでも、まったく読めないよりはマシだろうと思うのだが…。漢字の中国語(カタカナ)変換もある
  • google 翻訳。 発音もしてくれるので、助かる。上記と合わせて使うとわかりやすいような気がする。ただ、翻訳については、中国語から翻訳する際には日本語にするよりも、英語にしたほうが訳の精度が高いのではないかという気がしている。いくつか訳してみただけだけど、そんな気がする。日本語に訳して意味不明でも、英語にすると意味が分かる形で訳が出てくることがあった。
無理のない範囲でやっているので、進歩は遅いが、まああせらずに行くということで。

続きを読む»

今のところ、こんな感じ

前に書いたように、Skypeで中国語の1体1でのレッスンを始めたので、途中経過というか何と言うか。

Skypeで外国語の勉強という仕組みはそれこそ掃いて捨てるほどあって、どれが良いのか悪いのか分からないのでどうしたものかと思ったが、とりあえず始めるということで、何が何だか分からないがiChinaで始めてみた。

女性講師の外見に焦点が当たっているのは、正直どうかと思うが、それがモチベーションに繋がるという受講者が多そうなのも否定できないし、ビジネスとしては「あり」なんだろう。その点を除けば、今のところ、運営のシステムにそれほど問題があるようには感じない。

こちらの要望としてはまずは発音と基本的な文法を教えてくれれば良い、そこから後は手段を切り替えるという割り切りで、とりあえず始めることにした。お試しレッスンもやってみたが、それほど印象が悪くなかったので、そのままお金を払って始めることにした。

続きを読む»

今さらながらskypeで中国語を習ってみようかと...

何をいまさら…と思うが。

中国語(要するにマンダリンだな)をやるか、と思い立った。一度NHKのラジオ講座をやろうとしてあっさり挫折した。理由は簡単。一人でやっていて、発音の良し悪しわからんということ。ラジオから流れる音を真似しても、真似があっているのかいないのか、どうしたら真似がマシになるのか綺麗さっぱり分からないからだ。発音のハードルの高い中国語でそんな調子ではシンドイばかりであっさり挫折。

ということで、skypeで中国語でも習うかということを思いついた。教室に通うのはちょっと時間的に難しいかもしれない。ジムに通うのと両方というのは、いくら何でもスケジュール調整が難しくなりすぎる。ジムはskypeでは無理だと思うし。skypeのセット(ヘッドセットとwebカメラ)は、とりあえず安価なものを買ってみたのだが、そこから実際に講座を始めるまでに、時間がかかった。この手のサービスを提供しているところが多すぎて、どこがいいのか見当がつかないからだ。

結局のところ悩んでいてもキリがないということだけはよく分かったので、とりあえず始めることにした。少なくともblogのネタにはできるわけで、自転車操業blogの管理者としてはそれだけでも意味があると思うことにする(投げすぎ)。

まずは機械が使えるのを試す意味で、無料レッスンのあるところで試してみる。

続きを読む»

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

dtk

Author:dtk

日本にある企業の法務部署で働いています。
*コメント等で私に言及するときは
"dtk"でお願いいたします。

旧ブログ

ITエンジニアのための契約入門 iPod touch/iPhone用にリリースされました。詳しくはiTunesAppStoreから入手可能

初めてコメントいただく際には「このblogについて」もご覧いただければ幸いです。

カビバラさん時計
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

twitter
    follow me on Twitter
    カウンター
    Amazon.co.jp

    ブログ内検索
    RSSフィード
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。